2016年、最注目の怪談本がウェブ解禁!

 

「感動する」「泣ける!」「人生を知った」との声が殺到している、話題の怪談本『風怪』。

都会の人々が本当に体験した、打ち震えるほど怖くて切ない、実録怪談を40話収録。

この本は怪談なのか? それとも死者に捧げる挽歌か? 鎮魂歌か?

ぜひ試し読みされてください。

アマゾン「伝承・神話ジャンル」部門、堂々の「ベストセラー1位」を独走中です!

 

【この夏、怪談で泣きませんか?】

 本書は、都会に生きる人々が本当に体験した怪奇を40話収録した、実録怪談集です。

 

 作家の加門七海さんの推薦文にもございますが、本書に収録された怪談は、ただ“怖い”というだけに留まらず、人間という生物の奥深さ・わからなさ・面白さ・悲しみ・異様さを体感できるものであることを目指しました。なかには涙なしには読めない「挽歌」の様相を呈した作品もあり、怪談を読んで「泣く」という新感覚をきっと読者の方々は味わえましょう。

 

 著者チームは取材を重ねるにつれて、ある事実に気づいたといいます。それは3.11以降、取材者たちの話す怪談にある変化が生まれたというのです。それは霊的なもの・異質なものに対する想像力です。あるいはそれは「死」に対する想像力といっていいのかもしれません。市井の人々の語る怪談に、そして死生観にこのような変化が生まれたことが、「泣ける怪談」という新ジャンルを生み出したのかもしれません。

 

 

 どこか嘘くさくて怖がらせるだけのありきたりな怪談に食傷気味の方々に、自信をもって本書をオススメします。

ダウンロード
『風怪』ためし読みダウンロードはこちら
収録40話のうち1話を、不定期で限定公開していきます。期間限定ですのであらかじめご了承ください。
『風怪』ためし読み.pdf
PDFファイル 722.4 KB

【お求めは全国書店・ネット書店で】


おすすめ怪談動画特集